2017/06/04 15:47

日毎に日差しが強くなってきて、日中は汗ばむような陽気が続いていますね。

着ている洋服も、少しずつ羽織り物の出番も減っていき、シャツやカットソー等が活躍する季節になってきました。

 

今回ご紹介するのは、シャツやカットソー、Tシャツ等との相性バッチリのスカート。

 

 

ウエスト部分のリボンのようなベルトが印象的なこちらのラップスカート。

実は、チェコ軍の80年代デッドストックのエプロンをリメイクしたものなんです!

 

ソムリエエプロン(カフェやバー等の店員さんが着けてる、前掛けのようなエプロン。)を5枚使って製作しています。

ちょっとした年代などの違いで、同じカーキ色でも微妙に色が異なるエプロンを裁断し、

大きなパッチワーク状に生地を繋げているので、部分によって色に濃淡があるのもリメイクならでは! 

 

 

 

 

 

生地の用尺をたっぷり取っているので、巻きの下になる部分もたっぷりあり、巻きスカートにありがちな

歩いているとめくれそう…という心配もありません!

 

ウエストベルト部分も、もちろんエプロンの生地を使用。

7cm幅のしっかりとしたベルトは、安定感もあって安心です。

前、後、横、好きな位置で結べるので、トップスによって変化をつけて着ていただけます。

 

トレンドの "フロントイン" や "タックイン" にも最適です。

 

 

 

 

生地の取り方によって、前と後ろで生地目が変わるのも、リメイクならではの楽しさ。

 

軍物にも使用される、適度な張りと柔らかさをもったヘリンボーン生地なので、
着込む程に経年変化が楽しめるのも魅力です。

 

ミリタリーの雰囲気と、ドレッシーな雰囲気を融合させたオススメのスカートです。

是非、お試しください。